協議離婚探偵 福岡 福岡県福岡市のふくおか中央調査サービスは浮気,不倫,ストーカ,盗聴,盗撮,裁判資料,等プロの探偵が問題解決いたします。

ふくおか調査サービス

協議離婚

離婚目的の調査とは?

協議離婚(離婚の方法と手続き)

協議離婚はお互いが合意して離婚届けを出せばいいので、形式上の手続きはいたって簡単です。ただし、未成年の子供がいる場合には、親権者をどちらにするかを決めなければ。離婚届けは受理されません。 また、離婚届けを出したのはいいが、後で財産分与や慰謝料、養育費などの問題で紛争となることもありますので、できれば離婚届けを出す前に話しあって決めるべきことは決めておくことが大切です。 協議離婚で紛争となりやすい点は次のとおりです。

1)勝手に配偶者の一方が離婚届けを出したとき

この離婚届けは無効ですので、離婚は認められません。但し、離婚無効の調停の申立てや訴訟などで離婚が無効であることを証明する必要があります。

2)勝手に離婚届けが出されそうなとき

離婚届けが相手方の配偶者から勝手に出されそうなとき、あるいは離婚届けに所定の事項を記載して印鑑を押して渡したが、離婚することへの気持ちが変わった場合には、「離婚届の不受理申立て」をすることにより、離婚届けは受理されなくなります。 ただし、この申立ての効力は6ヶ月間だけで、すでに離婚届けが提出されている場合には、どうしようもありません。なお、6ヶ月後に離婚届けを出される恐れがあるときには、再度、「離婚届けの不受理申立て」を提出することになります。

3)子供の親権者が決まらないとき

未成年者の子供がいる場合には、親権者を決めなければ離婚届けが受理されません。どうしても決まらない場合には、家庭裁判所に親権者指定の調停の申立てをして、調停または審判で決定することになります。

4)財産分与、慰謝料や養育費が決まらないとき

財産分与や慰謝料、子供の養育費が決まらなくても離婚届けを出して離婚することはできます。しかし、離婚後の交渉となると大変ですので、離婚時に決めておくことが望ましいと思います。こうした金銭面での交渉がどうしてもうまくいかない場合には、家庭裁判所に調停の申立てをすることになります。

離婚目的の調査とは?

ご相談、お問い合わせはお気軽に!

ご相談、お問い合わせお気軽に!
料金表へ
メールでのご相談、お問い合わせ
当社までのアクセス
初めて浮気・不倫調査をお考えの方へ!
無料相談、無料見積もり お気軽にご相談下さい!
探偵さんのブログ
調査報告書
探偵・調査項目
コンテンツ

〒812-0011
福岡市博多区
博多駅前3丁目23-12
博多光和ビル203号
【Tel】0120-381-609
ふくおか中央調査サービス

〒862-0954
熊本市中央区神水1丁目3-11
共栄ビル3F
【Tel】0120-381-609

〒892-0816
鹿児島市山下町17-4
第一照国ビル301号
【Tel】0120-396-896

〒880-0806
宮崎市広島1丁目3-5
いなはるビル2F
【Tel】0120-896-396

クレジットカード
携帯サイト 2次元バーコード
携帯サイト 2次元バーコード
ページのトップへ